【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

【読む】

[熱海親水公園]花が落ちると幸せになると言われているジャカランダ

1/4ページ目

 温泉地として有名な熱海は、新幹線が止まる伊豆半島の玄関口。首都圏からのアクセスも良く、日本でも有数の観光地である。そんな、熱海市街の海岸線は、日本でも珍しいジャカランダの花が植えられており、6月頃に最盛期を迎える。ジャカランダを愛でる『ATAMI ジャカランダ フェスティバル』を取材した。

■日本では珍しいジャカランダ
 ジャカランダは、南米産のノウゼンカズラ科に属し、ホウオウボク、カエンボクと並んで世界3大花木の一つである。日本では、花期は6月と言われており、気候の関係で、(露地植え)花が咲くのは大変珍しい。6月だけでなく9月・10月に2度開花をする木もある。青紫色の花がひとつの花房に50~90個ほど密集して咲くのが特徴。
 全ての木が開花するとは限らず、開花した木が数本だった年もあるとのこと。また、開花してもたくさん花をつける木もあれば1房しか花をつけない木、全く花をつけない木もあり、毎年、開花の状況が異なる。
 熱海の海沿いでは、6月になると、お宮緑地から親水公園にかけて、ラッパの形をした小さな青紫色のジャカランダの花がブーケのように空を彩る。
 日本では、ここ熱海のジャカランダ遊歩道、長崎市雲仙市のジャカランダ通り、宮崎県日南市のジャカランダの森などが知られており、旅行会社が、その景観を見るツアーを企画しているほど人気の花である。



 熱海の観光スポットとして有名な『お宮の松』がある、海岸線の135号線沿いの400mほどがジャカランダ遊歩道となっており、ジャカランダの花を観賞することができる。



 平成2年7月にポルトガル・カスカイス市との国際姉妹都市提携記念として、ジャカランダを植栽し、現在では、100本以上のジャカランダの木が遊歩道や親水公園の街路に植えられている。

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから