【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

【読む】

【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

1/4ページ目

【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

下田の街や海を一望できる下田公園。6月初旬頃から色とりどりのあじさいが山肌を覆い始める。あじさいの花の数は日本一を誇るという。6月に見頃を迎える、下田公園のあじさい祭りを今回は取材した。

【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

■高校生が植えたあじさいがきっかけに
下田公園は、全体で26.5万ヘクタール(東京ドーム5〜6個分)の広さがある。その中の10万ヘクタールのエリアに、現在、15万株300万輪のあじさいが群生している。始まりは、昭和42年に下田南高校南伊豆分校の生徒が2千株を植えたこと。
次の年の昭和43年に市や観光協会、旅館組合が誘客宣伝を目的とし西洋あじさい3万本を植栽した。その後、昭和44年〜47年にかけて6万本のあじさい苗の植栽と遊歩道の整備を行い、昭和46年に第1回あじさい祭が開催された。この祭りは、2020年で第50回を迎え、下田では5月の黒船祭に続き、6月の風物詩となっている。
下田公園のあじさいは、150種類にも及ぶと言われている。カシワバアジサイ、アナベルを始め、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、ブルーキング、城ヶ崎、すみだの花火、伊豆の華など、たくさんの種類のあじさいが楽しめる。土壌によってあじさいの花の色が変わると言われているが、下田公園のであじさいは、土壌に左右されない品種もあり、赤、青、紫などの花が入り乱れて幻想的な景観を作り上げている。

あじさいの風景

  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから