【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

【読む】

【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

4/4ページ目

【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

下田は、ペリーが来訪した歴史ある街並みが残る昔懐かしい趣がある。歴史的な側面ばかりでなく、夏には白浜海岸などの海水浴客で賑わう人気のビーチも複数ある。今回紹介した下田公園の近くには、子供に人気の下田海中水族館や情緒あふれるペリーロードなども歩いていける距離にある。あじさい祭と一緒にこれらの観光スポットに立ち寄ってみては。



観光の楽しみの一つ下田の『旬の食』について、立見さんに聞いたところ、この時期、脂ののったキンメダイがおススメとのこと。 下田港は金目鯛の水揚げ量日本一。金目鯛は、夏の時期に脂がのり、冬の時期は身がしまっていると言われ、年間を通じて異なった食感が楽しめるとのことだ。

これから夏を迎える下田は、観光客やマリンレジャーを楽しむ人で賑わう季節。市内には、散策しながら、楽しめる観光スポット・史跡やカフェなどが多数ある。是非、自分好みのスポットやお店を探してみては。

取材こぼれ話

下田は、日米和親条約後に初代駐日公使のタウンゼント・ハリスが、滞在した場所。ハリスは、下田から江戸城に登城して、日米修好通商条約の締結に向けて交渉を続けていました。150年以上前に日本とアメリカの関係は、ここから始まりました。ペリーロードをはじめ、下田には、幕末の史跡が街の各所にあります。今回取材した、下田公園にも、記念碑(写真)がありました。ペリーやハリスなども下田公園の頂上から太平洋を眺めていたかも!

取材こぼれ話

施設情報
住所
415-0023 下田市3丁目
TEL
0558-22-1531 (下田市観光協会)
ホームページ
http://www.shimoda-city.info/

※この情報は、2019年6月のものです。
 開催時間など掲載内容は変更されている場合があります。おでかけ前に施設にご確認ください。

あじさいの風景

  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい
  • 【下田公園】初夏を告げる15万株300万輪のあじさい

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから