【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

【読む】

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

清水港から駿河湾フェリーに乗り70分あまり行くと土肥港に到着する。土肥港は、伊豆の西の玄関口。土肥港から歩いて10分ほどのところに今回紹介する土肥金山がある。

江戸時代に金山の町として栄えた土肥は、現在では、砂金探しを体験できたり、ギネス認定の金塊があったりする年間入場者数が15万人にもなる観光スポットとなっている。

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

■徳川家康の財政を賄った重要な金山

伊豆市指定史跡の土肥金山は、佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山だった。室町時代(1370年代)に、土肥で盛んに金銀を掘りだされたという言い伝えもあるが、金山が繁栄したのは、江戸時代初期と明治から昭和にかけての2つの時代である。

江戸時代初期に大久保長安が幕府金山奉行になり伊豆の金山奉行も兼ね、新技術を導入して産金量を増大させ、【土肥千軒】と言われるほど土肥の町も隆盛を極めた。金の算出量に加え、他の鉱山と違い海に近いというのが特徴だった。採掘された金は、土肥港から家康が居た駿府城や江戸城に運ばれ、黄金の小判として流通した。長安の死後(1613年)、土肥金山は急速に衰退して寛永2年(1625年)に休山となった。

その後、明治39年(1906年)に神戸の実業家の長谷川銈五郎が、外国人技師を招聘して、地底深く掘削することに成功。こうして、土肥金山は、第二の黄金期を迎えた。長谷川が発起人となり、大正6年(1917年)に土肥金山株式会社(現:土肥マリン観光株式会社)を設立して、昭和40年(1965年)の閉山まで採掘を続けていた。閉山までに掘削坑道の総延長は約100kmにも及び深さも海面下180mに及んだ。

現在、坑道は約350mの観光坑道として整備され、江戸時代の繁栄した街並みの紹介や、等身大の電動人形が当時の掘削方法などを解説している。

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

■坑道内には3か所のパワースポット

観光坑道として公開されている坑道を歩いてみて、最初に感じるのは心地よい風が吹き抜けることだ。坑道は、夏は涼しく、冬は暖かく自然が作り出す空調になっている。坑道内は、年間を通じては、19℃程度で保たれているそうだ。

 

金の鉱山という事で、金にまつわるパワースポットが坑道内に3か所も存在する。入口から坑道を直進した先に1つ目のスポットの【山神社】がある。山神社の鳥居は、金山にちなんで金色の鳥居が設置されている。訪れた人は、金色の鳥居を撫でて金運アップを祈願していく。山神社から少し進んだ先に、澄んだ湧き水が作る貯水池がある。ここはかつて、精製過程で大量の水を必要とした時の水替え場であった。その横に、2つ目のスポットの【銭洗い場】がある。澄んだ水で貨幣を洗いながら金運アップを祈願する。

出口へと向かう最後の坑道を進むと3つ目のスポット【金子地蔵尊】がある。ここは、子供に人気のスポットで、お地蔵さんの頭に水をかけると微笑んで見えるそうだ。かつて、金山で働く人たちに和みを与えていた、お地蔵さんの微笑みが、今も訪れる人々を和ましてくれる。

350mほどの坑道だが、3つのパワースポットや電動人形による解説、関連資料など見どころがいっぱいだ。夏は涼しく、冬は暖かい自然の空調の中、江戸時代にタイムスリップした気分になる。金にまつわるパワースポットを3か所巡り、金運も上がるかも!出口付近には、昔、掘削が開始された鉱脈も見ることができる。

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

■【黄金館】でギネス認定の金塊に触れ【砂金館】で砂金探し体験も

坑道体験した後、【黄金館】へ。黄金館は、江戸時代の土肥を感じられる資料や金銀などの鉱石類が数多く展示されている。実物の金の延べ棒も展示されており、実際に持ってみる事も可能だ。しかし、黄金館で圧巻なのは、ギネスにも認定されている250kgの金塊。この金塊を見るだけで無く、実際に250kgの金塊に触れられる。ここでも金運がアップ!?【黄金館】という命名どおり、展示物に加えて、黄金色の輝くお土産もたくさんあり、普段あまり目にしない金色に囲まれる特別な場所だ。

金にまつわる見聞を広めた後は、【砂金館】で砂金採り体験ができる。体験時間は30分。この限られた時間の中で、何個の砂金をみつけられるだろうか?今年の最高は、112個。時間内に30粒以上の砂金を発見できたら、砂金採り名人として認定証が貰える。

砂金採り体験をする場合は、土肥金山のサイトで砂金取りのコツを教えてくれるページがあるので、こちらを確認してからチャレンジしてみては。⇒砂金採りのコツ

採った砂金は、専用の容器に入れて旅の想い出として持ち帰ることができる。砂金採りの水は豊富な湯量を誇る土肥の温泉水を使っているため冬場は暖かく年間を通じて砂金採りが楽しめる。

 

【土肥金山】年間15万人が訪れる金運アップのスポット?世界一の250kg金塊と砂金採り。

■土肥の四季を感じられる園内

土肥金山には、坑道や砂金採りの体験以外にも地元で愛されている土肥桜が施設内各所に植えられている。土肥桜は、土肥温泉地内に400本ほど植栽され、土肥金山には約90本ある。伊豆半島では、河津桜が有名だが、土肥桜の開花時期は、厳寒期を迎える12月下旬から2月上旬と真冬に咲くのが特徴だ。最盛期を迎える、1月下旬~2月上旬には、土肥桜まつりが開催され施設内の土肥桜がライトアップされる。(今年の情報は、こちら)

また、土肥桜の他に、ソメイヨシノ、大寒桜、薄墨桜、伊豆最福寺しだれ桜など冬の寒い時期でも花が楽しめる。土肥金山で働いていた昔の人々もこの桜の景色に癒されていたのだろう。

駿河湾を隔て遠く霞んで見える静岡・清水の町を見ながら、江戸初期、駿府城に居る家康のもとへ土肥港から金が運ばれていた時代に思いを馳せた。

土肥金山は、坑道見学や砂金採り体験をしながら、冬から春にかけては季節の花を、夏は土肥海岸で海水浴を、秋は山々が燃える紅葉を堪能することができ、四季を通して楽しめる西伊豆の観光スポットである。

取材こぼれ話

【今回案内してくれた人】 土肥マリン観光株式会社 小林社長(左)、勝呂係長(右)

取材こぼれ話

施設情報
住所
〒410-3302 静岡県伊豆市土肥2726
TEL
0558-98-0800
FAX
0558-98-1803
営業時間
営業時間 9:00~17:00(入場受付9:00~16:30 砂金受付9:00~16:20)
ホームページ
https://www.toikinzan.com/

※坑内めぐり・砂金採り体験をご希望のお客様は15:50までにチケットをお求めください。

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから