【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

観光

韮山の代官・江川太郎左衛門が、鉄製大砲を鋳造するために築いた反射炉

  • [ 旧所・名跡 ]

    江戸時代後期の代官・江川太郎左衛門英龍(坦庵)が、国防上の必要性を幕府に進言して安政2年(1855)に築いた溶解炉です。品川台場に配備する事を目的として、多くの鉄製・青銅製砲がここで鋳造されました。現在は高さ15.7mの煙突と、幅5m・縦5.6mの炉が残っています。使用されている耐火煉瓦は、千数百度の高熱に耐えうるほどの優れたものだといわれています。
    <国指定史跡>

    韮山反射炉特集ページはコチラ
    おすすめモデルコースはコチラ
    体験&アクティビティページはコチラ

名称
韮山反射炉
住所
〒410-2113 伊豆の国市中268
電話
055-949-3450
ホームページ
ホームページはコチラ

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから