【ゆうゆうネット伊豆】イイ観光情報そろってます。

観光

佐藤惣之助の碑

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

「赤城の子守唄」、「人生劇場」など歌謡曲の作詞でも知られる詩人、佐藤惣之助の碑。

  • [ 旧所・名跡 ]

    『わたしは熱い春の天城の天辺から火のついた鵜のやうに飛むで来た港は恋しい春の夕の港は一目見たばかりで異様に美しく埋もれてゐる』「春の港の街にて」の一節。惣之助は、明治42年19歳の頃より度々下田を訪れました。大正15年4月、詩話会同人の室生犀生、萩原朔太郎、川路柳虹、白鳥省吾らと共に下田に来て、下田の鈴木白羊子や森斧水らとも親交がありました。下田の詩としては、他に「1854年に」「白浜にて」「下田港」などがあります。また惣之助は「赤城の子守唄」「人生劇場」など歌謡曲の作詩もしています。

名称
佐藤惣之助の碑
住所
〒415-0021  下田市3丁目(下田公園内)
電話
0558-22-1531(下田市観光協会)

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路) ライブカメラ映像はこちらから